みっちゃんの徒然草

 


2000.9.30
全体の構成を少し変えました。また、壁紙を変えてシンプルになりました。
シンプルイズベスト


2000.9.3
康雄が中四国学生剣道選手権大会に出て団体は、準々決勝で島根大学にあたり、僅差で負けました。しかしながら敗者復活戦で最後の1チームを獲得し、5位になりました。かろうじて全国大会の切符を手に入れました。義父も一緒に岡山まで試合を見に行きました。


2000.7.4〜6
康雄が全国教育系大学剣道ゼミナール兼学生剣道大会(於国立オリンピック記念青少年総合センター)で男子団体(広島大学剣道部)優勝しました。


2000.7.2
康雄が第48回全日本学生選手権大会(7月2日東京日本武道館)で、4回戦に出場しました。3回戦では、高校のときから一度も勝てなかった1年上の上段の鎌村選手に2本勝ちしました。4回戦の相手は、阿蘇高校の大将をしていた、1年の古澤君です。玉龍旗で阿蘇高校優勝の原動力となった選手だけあって、強かったようです。延長の末負けました。


2000.5.13
康雄が第47回中四国学生剣道選手権大会で、3位に入賞しました。5回戦で3年前に一年生で優勝した岡山大の三宅選手(昇竜館一福道場出身)に勝ちました。準々決勝は、阿蘇高校卒業の徳山大一年生の最上君と15分くらいの延長で、飛びこみ面を決めました。準決勝は、同じ広島大学の八坂キャプテンとあたり、試合開始直後に飛んだ飛び込み面が見事に決まりましたが、後はものすごく早い見事なこてを2本取られました。全日本東西対抗に出場をかけての3位決定戦にも敗れました。後2年もう少し上を狙って、精進してほしいものです。7月2日の武道館での全国大会に出場します。


2000.2.13
裕士が土居町の大会の中学生の部で優勝しました。200人くらいの中から勝ち上がりました。中学校になって初めての個人優勝です。

裕士のことをうちの中では、「はろちゃん」と呼んでいます。


1998.12.12
 康雄は広島大学教育学部教育学科へ推薦入試を受けて合格しまた。剣道での推薦では有りません。
 推薦とはいえ、42名中たったの6名という高い競争率の中での合格でしたので、幸運としか言いようがありません。
 今度は、大学でも剣道を続けることでしょう。


1998.8.10
 全国高等学校総合体育大会剣道大会が地元の松山コミュニティセンターで行われ、康雄は個人戦、団体戦とも出場することができました。
 結果個人戦は1回戦を突破し、2回戦で三養基高校白井選手に面を先行しましたが、取り返されて、延長の末、惜しくも敗れました。
 康雄の高校の剣道生活は、これで終わりです。


1998.7.4
 6月14日より2週間、仕事でイギリス・ベルギー・イタリア・スペインを訪問しました。訪問相手の客先の接待により、毎晩12時過ぎまで食事をしたため、5Kg位太ってしまいました。  また、ベルギーでは18年前に自分が記帳したものが残っており、感激しました。このノートには高松宮様他100年近く前からの訪問者の歴史が刻まれています。


1998.6.10
康雄は愛媛県高校総体で、とうとう個人優勝しました。
また、団体戦も準優勝ながら全国大会へ出場を決めました。


1998.5.29
年度が替わったので、剣道の話を更新しました。 6月14日より2週間、仕事でイギリス・ベルギー・イタリア・スペインを訪問します。


1998.3.26
康雄は、今年勉強も良くしたので、2学期続けて学級委員。成績優秀の努力賞などをもらいました。また、校内マラソンは、3位でした。スポーツテストも男子では全校でただ一人の1級でした。
 裕士も、下級生に道徳を教える劇生徒たちの作る[わがまま王]の主役を1年間こなしました。
卒業式の記念品授与の時に、全校代表で受け取りに行きました。
英登は、本人の努力のかいがあり、経営学部から本人の希望していた、法学部法学科へ転学できました。
 子供は、それぞれがんばっています。


1998.2.7
仕事で、イギリスとイタリア
へ10日間ほど行って来ました。
 イギリスの客先へは、16年前に一度行ったことがありましたが、向こうも私のことを、覚えてくれていました。


1998.2.22
剣道のページに内容の追加。及び記帳の履歴を表示するようにしました。


1998.1.21
リンクのページを追加しました。


1998.1.19
剣道の戦績を追加しました。


1997.11.21
 なぜ「みっちゃん」と呼ばれるようになったか。
説明すると長くなるのですが、今から5年ほど前、夜の9時頃仕事から帰ると、次男が玄関で待ち受けていて、「プンヤジを買いに連れていけ」というのです。プンヤジとは、我が家では少年週刊誌「ジャンプ」のことをこう呼ぶのです。それから、行きたくないのに車を出して、10軒以上本屋・コンビニを探しましたが、どういう訳か全て売り切れでした。(実は発売日が普段とずれていたことは後で判ったのですが)
 そうしているうちに、あるコンビニの前に車を止めたとき、がたんとなりました。たぶん・溝を乗り越えたのだと思います。更に子供が、コンビニに入りジャンプを探しているうちに、車を移動したところ左前輪が完全に溝に入り、どうしようもなくなりました。近所にいる息子の友達(喜安君)の「レスキュー部隊」を呼んでなんとか、脱出しました。

 これ以後、私のことを子供たちは、 「溝おつ」・・・・溝に入ったおっさん・・・・と呼ぶようになり、段々と「みっちゃん」と呼ぶようになりました。


1997.11.21 やっと、ホームページを開設しました。何から、書いていくか方針が決まりませんがとりあえず書けそうなことから書いて、ゆくゆくは内容を充実させたいと思っています。